Jetpackの設定 – WordPressの準備

WordPress

今回はJetpackを設定します。

 

 

Jetpackの設定にはwordpress.comのアカウントの取得が必要です。

 

 

wordpress.comのアカウント作成には別途

 

wordpress.comのアカウント作成』の記事を書きましたので、

 

事前にwordpress.comのアカウントを作成して

 

ログオンしておいてください。

 

 

 

その上で、FacebookページとTwitterにも連携させます。

 

 

 

Twitterアカウント開設とFacebookページの作成は

 

別途『Twitterアカウント開設』と『Facebookページの作成』の

 

記事を書きましたので、事前にTwitterアカウントの作成と

 

Facebookページの作成してログインしたままにしておいてください。

 

 

 

Jetpackの設定

WordPressの管理画面にログインして、

 

メニューから「プラグイン」をクリックして

 

プラグインの一覧を表示します。

 

 

 

【画像ー1 プラグイン】

 

赤枠で囲った「Jetpackを設定」ボタンをクリックします。

 

 

 

【画像ー2 Jetpack】

 

 

WordPressとJetpack(wordpress.com)が連携しているので、

 

少し待ちます。

 

 

 

【画像ー3 Jetpack】

 

画面が切り替わったら赤枠で囲った「無料プランでスタート」ボタンをクリックします。

 

有償で契約するとバックアップその他の機能が使えます。

 

 

 

ただ、我々の用途には無料プランで問題ありません。

 

 

 

【画像ー4 Jetpack】

 

赤枠で囲った「おすすめ機能の有効化」ボタンをクリックします。

 

 

 

【画像ー5 Jetpack】

 

 

しばらく待ちます。

 

 

 

【画像ー6 Jetpack】

 

ここまででJetpackの基本設定は完了です。

 

 

 

FacebookページとTwitterとの連携

ここからFacebookページとTwitterと連携する設定をします。

 

 

FacebookページやTwitterと連携すると、

 

WordPressブログに記事を投稿すると、

 

自動的にFacebookページやTwitterに記事やツイートが

 

投稿されます。

 

 

 

【画像ー6 Jetpack】の赤枠で囲った「設定」ボタンをクリックします。

 

 

 

【画像ー7 Jetpack】

 

赤枠で囲った「共有」をクリックします。

 

 

 

【画像ー8 Jetpack】

 

赤枠で囲った「ソーシャルメディアアカウントを接続する」をクリックします。

 

 

 

【画像ー9 Jetpack】

 

赤枠で囲った「連携」ボタンをクリックします。

 

 

 

【画像ー10 Jetpack】

 

ログインしているFacebookアカウントが管理している

 

Facebookページの一覧が表示されます。

 

 

 

連携させたいFacebookページを選択して、

 

赤枠で囲った「連携」ボタンをクリックします。

 

 

 

【画像ー11 Jetpack】

 

画面が戻りますが少し待ちます。

 

 

 

【画像ー12 Jetpack】

 

 

Facebookページと連携出来ました。

 

 

 

次にTwitterと連携します。

 

 

 

赤枠で囲った「連携」ボタンをクリックします。

 

 

 

【画像ー13 Jetpack】

 

赤枠で囲った「連携アプリを認証」ボタンをクリックします。

 

 

 

【画像ー14 Jetpack】

 

Twitterアカウントが正しいことを確認して、

 

赤枠で囲った「連携」ボタンをクリックします。

 

 

 

 

【画像ー15 Jetpack】

 

 

Twitterとの連携も完了しました。

 

 

WordPressのメニューにある統計情報なども

 

これで使える様になります。

 

 

以上でWordPressの基本的な設定は完了です。

 

 

 

次回はWordPressのテーマ設定を行います。

 

 

 

今回は以上です。

関連記事