• ネットワークビジネスに関心ある人を集めるブログ記事のキーワードを探す

ネットワークビジネスに関心ある人を集めるブログ記事のキーワードを探す

ブログ - 集客

 

ネットワークビジネスに成功するポイント その1

 

– ネットワークビジネスに関心ある人を集客する

 

の結論として、

 

 

 

ネットワークビジネスで成功する大きなポイントは

 

ネットワークビジネスに関心のある人を集客する

 

と伝えました。

 

 

 

今回は、「ネットワークビジネスに関心のある人を集客する」を

 

具体的にどうするのかと言うの点について、お伝えします。

 

 

 

あ、ここで書くのは一つの方法です。

 

 

 

別にこれしか方法がない訳ではありません。

 

 

 

インターネットを使って集客をする方法は、

 

それこそ様々な手法があります。

 

 

 

どれも、それなりの効果があります。

 

 

 

なので、もしあなたが私と一緒にチャレンジしてみようという場合は、

 

様々な手法を試してみて下さい。

 

 

 

ただ、くれぐれも、

 

ネットワークビジネスに関心のある人を集客する

 

ためにやっているということは忘れないでください。

 

 

 

ネットワークビジネスに関心のある人をどうやって集める?

あなたがやることは、基本的にブログに記事を投稿して

 

ネットワークビジネスに関心のある人を集める訳です。

 

 

 

なので、ブログ記事として、どんな記事を投稿するのかと言うことが

 

一つのスタートです。

 

 

 

ここで一つ質問です。

 

 

 

あなたが書いたブログに読者はどうやってたどり着くのでしょうか。

 

 

 

世の中には、日本語で書かれたブログに絞っても何百万とあるのは

 

想像に難くないと思います。

 

 

 

その中から、読者はあなたのブログをどうやって見つけ出すのでしょうか。

 

 

もちろん、ルートは一つだけじゃないのですが、

 

一番大きなルートは、Yahoo!やGoogleの検索で

 

読みたい記事を探すのです。

 

 

 

検索キーワード

 

【画像ー1 YAHOO!JAPAN】

 

 

【画像ー2 Google】

 

 

 

Yahoo!やGoogleの検索窓で知りたい内容に関係のある言葉を記入して

 

検索をして表示された結果から、気に入ったサイトを訪問している訳です。

 

 

 

ここでは、それらの言葉を『検索キーワード』と呼ぶことにします。

 

 

 

インターネットを利用する時に、ブラウザを使います。

 

 

 

中には直接ブラウザに『検索キーワード』を

 

直接入力しているという方もいるでしょう。

 

 

 

実はブラウザの裏側でYahoo!やGoogleの検索が使われているんです。

 

(ただし検索にはYahoo!やGoogleではなく

 

Bingや楽天市場が設定されていたりすることもあります。)

 

 

 

例えば、Yahoo!で「ネットワークビジネス」と入れて検索してみます。

 

 

サジェストキーワード

そうすると、検索を押す前にいろいろなキーワードが表示されます。

 

 

【画像ー3 サジェストキーワード】

 

これはサジェストキーワードと呼ばれています。

 

 

 

よく検索されているキーワードが表示されることになっています。

 

 

また、右にある「検索」ボタンをクリックして、

 

実際に検索結果を見て見ると、下記の様な感じです。

 

 

 

 

【画像ー4 検索結果】

 

 

ここで赤枠で囲った部分はYahoo!に広告費を払って掲載しているサイトです。

 

 

緑字に白で「広告」と言う表示があるのが確認出来ると思います。

 

 

その下にやっと、検索した結果が表示されています。

 

 

 

つまり「ネットワークビジネス」と言う「検索キーワード」は、

 

広告費を掛けても検索上位に表示されてサイトに誘導されれば

 

お金になると言うことが分かります。

 

 

 

虫眼鏡キーワード

そしてこのページの上と下に

 

虫眼鏡マークの付いた部分があります。

 

 

 

 

【画像ー5 虫眼鏡キーワードー上】

 

 

 

【画像ー6 虫眼鏡キーワードー下】

 

 

 

こちらは虫眼鏡キーワードと呼ばれていて、

 

やはり検索されている量が多いキーワードと言うことになっています。

 

 

 

つまり良く検索されているキーワードの候補を

 

ある程度知ることが出来るのです。

 

 

 

なので、実際にあなたがやることは、

 

これら検索されているキーワードを使って記事を書く

 

と言うことになります。

 

 

 

ただ、なかなか記事を書く時間が取れないという人も

 

いるかと思います。

 

 

 

そういう場合は、キーワードをすべて選択するのではなく、

 

よく考えて、順番をつけて、順位の高いキーワードを

 

使って記事を書けば良い訳です。

 

(実際の記事の書き方についても今後まとめて行く予定です。)

 

 

 

例えば、これからあなたが書く記事として、

 

「ネットワークビジネス 断り方」について書くのと

 

「ネットワークビジネス 成功」について書くのとでは、

 

どちらを優先すべきでしょうか。

 

 

 

それは説明しなくても分かりますよね。

 

 

 

では、次の段階に進んでみます。

 

 

ライバルのチェック

例えば、上にあげた「ネットワークビジネス 成功」という

 

検索キーワードに関した記事を書いて、

 

すぐにYahoo!やGoogleの検索結果に表示されるでしょうか。

 

 

 

 

【画像ー7 検索結果】

 

 

上の赤枠を見てもらえると分かりますが、

 

「ネットワークビジネス 成功」に関連した記事が

 

約17,900,000件あるのだそうです。

 

 

 

そんな中で検索結果の一ページ目に表示されるのは

 

10件だけです。

 

 

なかなか難しいかなって思って頂けますか。

 

 

 

それに対して、さらに「ネットワークビジネス 成功の秘訣」という

 

「検索キーワード」で検索してみます。

 

 

 

【画像ー8 検索結果】

 

すると約411,000件になりました。

 

 

しかも広告がかなり出稿されていることから、

 

この言葉も、お金を払っても上位に表示させたい

 

検索キーワードだと分かります。

 

 

41万件でも結構ライバルが多いのですが、

 

こうやって少しはライバルの少ないキーワードを探して

 

記事を書きます。

 

 

関連キーワード

ちなみにこういった「検索キーワード」を検索する際に

 

表示されるサジェストキーワードや虫眼鏡キーワードを

 

総称して関連キーワードと言います。

 

 

 

検索キーワードの関連キーワードを知ることが出来て、

 

その中から、重要な順に記事を書いていけば、

 

それぞれのキーワードで上位に表示されなくても

 

一定数の読者が訪問してくれます。

 

 

 

なので、多くの関連キーワードを使って多くの記事を書いていくと、

 

ブログ自体には大勢の人が訪問してくれるようになります。

 

 

私やあなたがネットワークビジネスの会員を集めるために

 

一番時間をかけて実施するのは

 

ネットワークビジネスやMLMに関する

 

関連キーワードを使った記事をたくさん投稿すると言うことです。

 

 

 

では、関連キーワードを自動的に調べてくれると

 

嬉しいですよね。

 

 

今回の最後に、関連気ワードを調べてくれるツールを一つ紹介します。

 

 

 

goodkeyword

 

下記からgoodkeywordというサイトを訪問してみて下さい。

 

 

 

https://goodkeyword.net/

 

 

 

【画像ー9 goodkeyword】

 

ここで「キーワードを入力してください」と言う部分に

 

「ネットワークビジネス」と入力してみます。

 

 

 

【画像ー10 goodkeyword】

 

検索を押すと、関連キーワードが表示されます。

 

 

 

【画像ー11 goodkeyword】

 

このgoodkeyordのサイトでは、GoogleとBingで検索された

 

関連キーワードを表示してくれます。

 

 

また右側中段には、GoogleもしくはBingで検索され

 

重複を排除したキーワードの一覧が抽出されています。

 

 

ここからサイトに来て欲しい読者が興味を持つであろうキーワードを

 

選択して、記事を書いていく訳です。

 

 

 

一つ勘違いしてはいけない点を先にお伝えしておきます。

 

 

 

あなたは関連キーワードに関連した内容で

 

記事を書いていきます。

 

 

でも、関連キーワードで検索結果の

 

一位になる様に頑張らなくても大丈夫です。

 

 

 

検索結果一位を取る努力をするのであれば、

 

別の関連キーワードで記事を書くことを

 

優先しましょう。

 

 

 

今回は以上です。

 

 

 

関連記事