MLMとは

MLM(Multi-level marketing)は、日本では

 

特定商取引法第33条で定義される販売形態のことです。

 

 

 

特定商取引法では、「連鎖販売取引」とされているので

 

「無限連鎖講」と関連付けて悪い意味で取っている人が

 

相当多いビジネスでもあります。

 

(実際に過去において強引な勧誘がもとで様々なトラブルが

 

発生していたことを認識しておくのは

 

今後の円滑な運用のために大切だと考えます。)

 

 

 

ただし、日本の法律では、「連鎖販売取引」は

 

特定商取引法で規定され、厳しい制限を受けながらも

 

制限された範囲では合法な取引です。

 

 

 

一方で「無限連鎖講」は、日本での法律では、

 

「無限連鎖講の防止に関する法律」で

 

禁止されています。

 

 

「連鎖販売取引」の要件と規制

実際に、取引自体は一般的な商品流通とは異なり、

 

購入者が新たな購入者を勧誘し、

 

その相手に販売する事で手数料を得るという形が、

 

多段階式に連鎖していくことから名づけられています。

 

 

要件

特定商取引法では、次に様に連鎖販売取引の要件が定義されています。

 

 

  1. 物品の販売(または役務の提供等)の事業
  2. 再販売、受託販売もしくは販売のあっせん(または役務の提供もしくはそのあっせん)をする者を特定利益(紹介料や販売マージン、ボーナス等)が得られると誘引し
  3. 特定負担(入会金、商品購入費、研修費等の名目で、何らかの金銭的な負担)を伴う取引(取引条件の変更を含む。)をするもの

 

 

 

結局MLMは会員を獲得することで

 

手数料を獲得するビジネスです。

 

 

 

企業が販売する製品もしくはサービスを

 

紹介して、

 

その製品やサービスに魅力を感じる人を

 

会員として獲得することで、

 

手数料収入を得るビジネスです。

 

 

 

規制

平成16年に改正された特定商取引法では次のような規制がなされている。

 

 

  • 契約締結前や契約締結時の書面交付の義務付け
  • 広告への一定事項の表示の義務付けや誇大広告の禁止
  • 不適切な勧誘行為(不実告知、威迫困惑行為等)の禁止
  • クーリングオフは20日間(一般の訪問販売は8日間)
  • 中途解約権の付与

 

 

過去にあった、いろいろなトラブルの結果が

 

現時点の規制につながっている訳です。

 

 

 

今後もビジネス上のトラブルが発生すると

 

規制は増えていくと思います。

 

 

 

 

 

MLMを採用するメリット

一方で、そう言った「連鎖販売取引」を導入して

 

一部上場している企業もあります。

 

 

昔から知られている企業では「アムウェイ」が

 

良く知られています。

 

 

 

ではなぜMLM組織を企業が活用するのかと言えば、

 

製品の原価を抑えることが出来、

 

製品の需要予測が出来るので

 

計画的な製造が可能で効率的な運営が出来るからです。

 

 

 

MLMを採用することで、基本的には

 

広告宣伝費を抑えることが出来ます。

 

 

 

会員組織に提供するパンフレットなどの作成は

 

必要ですが、TVCMなどはほとんど必要がありません。

 

 

 

またMLMの規模から、製品の需要を予測出来て、

 

無駄な在庫を持つ必要が低下するので、

 

そちらの面でも原価が低減できます。

 

 

 

会員を獲得してくれた人に手数料を払っても

 

企業にとっては上記の様なメリットがある訳です。

 

 

 

したがって、同じ価格なら高品質な製品を

 

同じ品質なら低価格な製品を顧客=会員に

 

提供できる訳です。

 

 

 

MLMでは、商品の購入もしくは

 

サービスを得るためには、会員の紹介が

 

必要です。

 

 

 

価格競争力のある魅力的な製品を提供できるのであれば

 

それを欲しいと思う人を集めることも容易になります。

 

 

なので会員になりたいという人を集めることも

 

比較的簡単に出来ることになります。

 

 

 

したがってMLMの会員になれば、会員になりたいという人も

 

無理なく集められるという循環が起きる訳です。

 

 

 

そして会員を獲得すれば手数料も得られるというのが、

 

会員の側のメリットです。

 

 

 

 

MLMのデメリット

しかし製品に魅力があっても、会員になりたい人と

 

会員を探したい人がそれほど簡単に出会えるわけではありません。

 

 

 

特に日本では「連鎖販売取引」のイメージが悪いことも手伝い

 

魅力的な製品を求めていても、なかなか会員になること自体を

 

嫌がる傾向にあります。

 

 

 

会員を集めるのに、小学校や中学校の同級生に声を掛けて

 

友人を失うと言った話も事欠きません。

 

 

 

また、会員を紹介して手数料を得ることに注目する余り、

 

魅力的でない製品を販売する業者があるのも事実です。

 

 

 

そのため、会員を増やすために売れない製品を

 

自分で借金して購入すると言った本末転倒の

 

状況が発生しているのも事実です。

 

 

 

本来会員しか購入できないはずの製品が

 

会員の価格よりもネットオークションなどで

 

販売されていることもあります。

 

 

 

それは、無理して会員を集めて売り切れない製品を

 

損失覚悟で安値で転売しているからでしょう。

 

 

 

結果的にそれがさらに会員を集められないという

 

結果になっていたりします。

 

 

 

そして、そう言ったデメリットがさらにMLMの

 

印象を悪くすると言った悪循環を引き起こしています。

 

 

 

このサイトが考えるメリットのあるMLMとは

どんな製品でも、欲しい人欲しくない人があります。

 

 

また、その製品を欲しいと思う人が周りにいるとは限りません。

 

 

 

とは言えMLMの会員獲得には、その製品を欲しいと思う人を

 

勧誘する必要があります。

 

 

 

MLMはビジネスの一つの形態です。

 

 

 

MLMビジネスは

 

会員を獲得することで手数料を得るという

 

ビジネスになります。

 

 

 

ただMLMのメンバーになるということは、

 

二つの面があります。

 

 

 

一つは、魅力的な製品を手に入れるために

 

会員になるということです。

 

 

 

もう一つは、そう言った魅力的な製品を

 

販売することで手数料収入を得るために

 

会員になるということです。

 

 

 

手数料収入を得るためには、

 

会員の勧誘はを続けていくことが必要です。

 

 

 

そう考えると、ネットで簡単に

 

会員価格よりも安く手に入る製品だと

 

そちらを紹介しても会員を増やすのは

 

難しいことになります。

 

 

 

そうすると勢い手数料収入の体系的な説明が

 

主となり、お金の亡者の様な受け取られ方をして

 

しまいます。

 

 

なので、このサイトでは、基本的に

 

サービスとしても魅力的なもので

 

ビジネスでなくても会員になること自体が

 

魅力的なものを紹介しています。

 

 

 

また手数料体系も理解しやすく

 

ビジネスとして実践もし安くなるように

 

様々な情報を提供しています。

 

 

 

このネットワークビジネス研究会では、

 

アメリカの「World Ventures」という会社の

 

「Dream Trips」という旅行ビジネスの

 

紹介を実践しています。