• ネットワークビジネスを始める前の準備

ネットワークビジネスを始める前の準備

MLM - ネットワークビジネス

今回はネットワークビジネスを上手にスタートするために

 

ネットワークビジネスの始め方のポイントについて

 

記事を書きたいと思います。

 

 

 

ネットワークビジネスを始める場合は、

 

  • 参加するビジネスについて

 

  • 初期の費用と毎月の会費について

 

  • 報酬について

 

  • サポートについて

 

  • 退会方法について

 

などを確認することをお勧めします。

 

 

 

参加するビジネスの確認

なんでこんなことを書くのかと言えば、

 

単に儲かるからと誘われて入会する方が

 

本当に多いからです。

 

 

 

つまり販売する商品やサービスはおまけになってるんです。

 

 

 

そういう私も最初はそうでした。

 

 

 

そもそもビジネス目的で加入するのであれば、

 

そもそも商品やサービスを紹介する価値があるのか

 

その辺だけでも確認すべきかと思います。

 

 

 

私の例でいえば、サービスについては納得の行くもので、

 

費用もそれに見合うものと考えていましたので、

 

ビジネスでなくても価値があると思っていました。

 

 

 

しかも最初はビジネスをやるつもりはなかったので、

 

余り確認していませんでした。

 

 

 

しかし、一年たってみて、これは他の人にも

 

紹介する価値があると思い、ビジネスに踏み切った訳です。

 

 

 

初期の費用と毎月の会費

こちらは、たいてい会員の募集の際に伝えられます。

 

 

会員になる前に伝えてくれない様なビジネスは

 

さすがにないかと思います。

 

 

 

一点注意して欲しいのは、提供される商品やサービスに

 

比べて、費用が高すぎないか?

 

本当に費用に見合う価値があるのかという点です。

 

 

 

もし、価格と商品に余りにも乖離があるようであれば

 

それはネットワークビジネスではなくねずみ講かもしれません。

 

 

 

価値のない商品やサービスを以下にも価値があるかの様に

 

販売する態にして会員を勧誘する行為はよく

 

マルチまがい商法と言われているものになります。

 

 

マルチまがいのまがいとはよく似せて作っていることです。

 

 

つまりマルチ商法に似せている商法なんです。

 

 

 

このマルチ商法とマルチまがい商法が

 

ごちゃごちゃになってしまって誤解されているのが

 

日本の現状です。

 

 

 

報酬について

報酬については、そこが勧誘のポイントになりますから、

 

説明を隠すことはしないと思います。

 

 

 

ただ、一番ネックになるのは、こんな勧誘です。

 

 

これだけ良い商品・サービスなので、

 

誰だって欲しいと思うでしょう。

 

 

 

あなたの知り合いにだって、説明すれば絶対に

 

欲しいと思ってくれるから勧誘は簡単!

 

 

 

いやいや、良い商品・良いサービスを欲しいと持ってもらうことと

 

毎月お金を払う会員になってもらうことは別の問題です。

 

 

 

あれ、私はネットワークビジネスに会員を勧誘する立場なのに

 

こんなこと書いちゃって良いのかな(苦笑

 

 

 

でも、ここを覚悟して、参加してもらわないとビジネスでは

 

成果が出ず、結局アンチを増やすだけになってしまうんです。

 

 

 

サポートについて

大抵のネットワークビジネスは、まず主催している企業が

 

会員を勧誘するための説明資料などのツールをいろいろと

 

取り揃えています。

 

 

 

またある程度大々的にグループを拡大しょうとしている

 

アップの人がいて、そのアップの人を中心に

 

幾つかのグループが出来ています。

 

 

 

中にはどんな形でも会員になってもらえれば良いという

 

グループもありますが、大抵のグループは、

 

ダウンの方々に頑張ってもらいたいと

 

グループとしての勧誘について独自の取り組みを行っています。

 

 

そういうサポートは通常会員になってから教えてくれるのですが、

 

積極的なところほど、会員勧誘の際にも伝えてくれます。

 

 

 

ただ、サポートがあれば良いという訳でもありません。

 

 

 

頑張って会員を勧誘しようというリーダーの姿勢は

 

大事なのですが、その結果、世間で考えるマイナス面についても

 

ある程度、客観的に説明してくれるグループが良いと

 

私は個人的に考えます。

 

 

 

退会方法について

日本では特定商取引法に従って、

 

連鎖販売取引のクーリングオフは20日間

 

と規定されています。

 

 

 

これは一般の訪問販売取引が8日間であることよりも

 

厳しい規定になっています。

 

 

 

海外で事業をしているMLMの企業でも

 

企業活動は現地の法律に則っります。

 

 

大抵の国で、クーリングオフの期間が設定されています。

 

 

 

なので、普通は退会方法やクーリングオフの期間についても

 

会社が規定しています。

 

 

なので、一度は確認しておきましょう。

 

 

 

ネットワークビジネスを始める前の準備のまとめ

ネットワークビジネスを始めようと思った場合には、

 

少なくても自分が参加するビジネスの内容は把握しておきましょう。

 

 

 

提供する商品やサービス・初期費用と毎月の会費

 

そして報酬やサポート・退会の方法について、

 

事前に確認しておきましょう。

 

 

 

幾ら商品やサービスが良くても、日本では

 

ネットワークビジネスそのものに対する

 

誤解や知識不足があり、会員の勧誘は

 

それなりに大変なので、ネットワークビジネスに

 

勧誘したら終わり、あとは自分で頑張ってねという

 

組織は避けた方が良いと思います。

 

 

 

また勧誘を一人でやっていると、

 

孤独になりますので、その点でもサポートが

 

あるかどうか確認しましょう。

 

 

 

私のグループでのサポートについては

 

下記記事で説明しています。

 

 

 

参考にしてみて下さい。

 

 

 

そして是非一緒に、活動しませんか。

 

 

 

今回は以上です。

関連記事